技術士二次試験5年間分(平成17,19,19,20,21,22,23,24,25,26年)過去問題集 

■機械部門
・機械設計
・材料力学
・機械力学・制御
・動力エネルギー
・熱工学
・流体工学
・加工・ファクトリーオートメーション及び産業機械
・交通・物流機械及び建設機械
・ロボット
・情報・精密機器

■船舶・海洋部門
・船舶
・海洋空間利用
・舶用機器

■航空・宇宙部門
・機体システム
・航行援助施設
・宇宙環境利用

■電気電子部門
・発送配変電
・電気応用
・電子応用
・情報通信
・電気設備

■化学部門
・セラミックス及び無機化学製品
・有機化学製品
・燃料及び潤滑油
・高分子製品
・化学装置及び設備

■繊維部門
・紡糸・加工糸の方法及び設備
・紡績及び製布
・繊維加工
・繊維二次製品の製造及び評価

■金属部門
・鉄鋼生産システム
・非鉄生産システム
・金属材料
・表面技術
・金属加工

■資源工学部門
・固体資源の開発及び生産
・流体資源の開発及び生産
・資源循環及び環境

■建設部門
・土質及び基礎
・鋼構造及びコンクリート
・都市及び地方計画
・河川、砂防及び海岸・海洋
・港湾及び空港
・電力土木
・道路
・鉄道
・トンネル
・施工計画、施工設備及び積算
・建設環境

■上下水道部門
・上水道及び工業用水道
・下水道
・水道環境

■衛生工学部門
・大気管理
・水質管理
・廃棄物管理
・空気調和
・建築環境

■農業部門
・畜産
・農芸化学
・農業土木
・農業及び蚕糸
・農村地域計画
・農村環境
・植物保護

■森林部門
・林業
・森林土木
・林産
・森林環境

■水産部門
・漁業及び増養殖
・水産加工
・水産土木
・水産水域環境

■経営工学部門
・生産マネジメント
・サービスマネジメント
・ロジスティクス
・数理・情報
・金融工学

■情報工学部門
・コンピュータ工学
・ソフトウェア工学
・情報システム・データ工学
・情報ネットワーク

■応用理学部門
・物理及び化学
・地球物理及び地球化学
・地質

■生物工学部門
・細胞遺伝子工学
・生物化学工学
・生物環境工学

■環境部門
・環境保全計画
・環境測定
・自然環境保全
・環境影響評価

■原子力・放射線部門
・原子炉システムの設計及び建設
・原子炉システムの運転及び保守
・核燃料サイクルの技術
・放射線利用
・放射線防護

画面を上からココまで、
スクロールしていただきありがとうございます。
あまりの長さにいやになったのではないでしょうか?

あなたは、これを見て何を感じましたか?

これは、技術士第二次試験の部門と科目なのですが、
部門は、20部門、
科目は、96科目あります。

私は、これを見て
資源の無い日本が世界で生き残っていくための戦略だと感じました。

日本には、他国のように天然資源がほとんどありません。
でも、日本は、世界の中で生き残って行かなければいけません。

生き残っていくためには、何かが必要です。

そう、それは「技術」です。

上に書かれた、科学技術を集結したものが、
今の日本を作っているのではないでしょうか。

技術士になるためには、
基本的に、技術士一次試験に合格し、
その後、技術士二次試験に合格しなければいけません。

通常、技術士二次試験に合格するためには、
自分の受験部門・科目の出題傾向を把握するために、
最低、過去5年間分の問題集が必要と言われています。

しかし、技術士二次試験は、
宅建などの試験に比べると受験者も少なく、
また、受験部門・受験科目も非常に多岐に渡るため、
建設部門以外の問題集が販売されていないのが現状です。

そこでこの度、このような事情を日本技術士会に説明し
日本技術士会の許可を得て、
H17、18、19、20、21、22、23、24、25、26年の
過去問題集を販売することになりました。

また、先着100名の方限定で
経歴票の作成で失敗しないように
「失敗しないための経歴票記入例」のプレゼントを差し上げています。
 ↓ ↓ ↓


今このブログを読んでいるあなたには
過去5年分の問題を分析して
確実に技術士二次試験に合格して欲しいと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

クリックしてくれるとうれしいです。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

【推奨サイト】

技術士.com
現場技術業務.com
時々更新-土木技術者の裏本

【全ての記事の表示】
もうちょっと、他の記事も見てみたいという方は、
こちらに紹介していますので、ゆっくりしていってください。
  ↓ ↓ ↓
全ての記事の表示

【試験に合格できないと悩んでいませんか?】
あなたは、試験に合格できないと悩んでいませんか?

もし、同じ試験に2回以上不合格になっているのであれば、
他のところに問題がある可能性があります。

私のところには、
なんども同じ試験に不合格になった方が集まり、
共に勉強の仕方から学んでいます。

興味のある方は、メルマガに登録してみてください。
  ↓ ↓ ↓
三上式 不合格から学ぶ合格法

ここまで読んでいただきありがとうございます。

クリックしてくれるとうれしいです。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村




ブログパーツ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taiyo01.blog45.fc2.com/tb.php/164-1366f7b4
厚生年金