平成23年度 技術士第一次試験合格発表 

今日は、技術士一次試験の合格発表でしたね。
あなたの結果はどうでしたか?

今年は、3月に東日本大震災があり、
そのために技術士一次試験を受験したくても
受験出来なかった人もいると思います。

また、仮に受験できても
精神的にかなりダメージを受けて
まともに勉強がはかどらなかった人も多いと思います。

さらに、今年は例年に比べ
試験も難しかったように思います。

その結果を反映して
今年の受験者に対する合格率は
21.4%という近年の中では最も低い結果となりました。

そして、このブログを読んでいる方の中にも
建設部門の方も多いと思います。

ちなみに、建設部門の合格率は
全部門の中で一番低く
12.8%という結果でした。

たぶん、今この文章を読んでいる建設部門の人は
「なんで、自分の受験部門だけこんなに低いんだよ~」
と納得がいかないと思います。

ちなみに、合格率が一番高いのが、
金属部門の52.3%です。

技術士の試験は20部門もあるので
合格率を横並びである程度揃えるのは
難しいとは思うのですが、

もう少し平準化する対策は
必要ではないかと感じました。

そして、各年度ごとの全部門平均の合格率も
平成19年度は53.7%に対して
平成23年度は21.4%ですから
この辺も改善の必要があると感じます。

でも、そんな中でもみごと平成23年度の
技術士一次試験に合格できた人は
本当に素晴らしいと思います。

残業のあとの僅かな時間を見つけては
コツコツ勉強した努力の成果が実ったのだと思います。

一方、自分なりに頑張ったけれども
惜しくも合格できなかった人もいると思います。

そんなときは、一度自分を冷静に見つめる時間を
持つことが大切です。

今回の敗因は何だろうか・・・
自分に技術士の資格が本当に必要なんだろうか・・・
自分は技術士になってから何をしたいのか・・・

もし、冷静に自分を見つめ直して
それでもあなたにとって
技術士の資格が必要であれば
そのときは、また一緒に頑張っていきましょう!

参考までに、日本技術士会が発表している
合格率などに関する統計データを以下にご紹介しておきます。

そして、この資料の2ページ目を見て驚いたのは、
70歳を超えても技術士の勉強をし続けている人がいたことです。

私達もこの方に負けないよう
一緒に頑張っていきましょう。

技術士第一次試験統計データ(平成23年度)

技術士第一次試験統計データ(昭和59年度~平成23年度)

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

クリックしてくれるとうれしいです。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

【推奨サイト】

技術士.com
現場技術業務.com
時々更新-土木技術者の裏本
三上系之の不合格から学ぶ合格法 公式ブログ
毎日更新-楽天ランキング

【全ての記事の表示】
もうちょっと、他の記事も見てみたいという方は、
こちらに紹介していますので、ゆっくりしていってください。
  ↓ ↓ ↓
全ての記事の表示

【試験に合格できないと悩んでいませんか?】
あなたは、試験に合格できないと悩んでいませんか?

もし、同じ試験に2回以上不合格になっているのであれば、
他のところに問題がある可能性があります。

私のところには、
なんども同じ試験に不合格になった方が集まり、
共に勉強の仕方から学んでいます。

興味のある方は、メルマガに登録してみてください。
  ↓ ↓ ↓
三上式 不合格から学ぶ合格法

【携帯アドレス】

http://taiyo01.blog45.fc2.com/?m

もし、あなたがこのブログを読んで共感して頂けるのであれば、
あなたの大切な友達にこの
「バカでもなれるスーパー現場技術員」
のブログをぜひご紹介ください。

また、既にこの画面を携帯で見ている方は
パソコンでも見ることができます。
現場技術業務」または「現場技術員
で検索OKです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

クリックしてくれるとうれしいです。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村




ブログパーツ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taiyo01.blog45.fc2.com/tb.php/178-e295271f
厚生年金