スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直観でわかる微分積分(畑村洋太郎)を買いました 

こんにちは、三上系之です。

たぶん、今このブログを読んでいる多くの人が
『 微分 』 『 積分 』 と聞いただけで

見たくもない!
思い出すだけでもイヤ!
という人が多いかもしれません。

でも、中には高校の数学で今ちょうどやっているけど
分からないから分かるようになりたいとか、

仕事で難しい解析をしていて
どうしても微分積分の理解が必要だとか、

はたまた、技術士一次試験の基礎科目で
微分積分の問題があり
どうしても微分積分の理解が必要だ
という人もいるかもしれません。

先日、近くの丸善に行ったところ
畑村洋太郎さんの

直観でわかる微分積分 岩波新書

という本が売られていました。

以前、畑村洋太郎さんの
「直観でわかる数学」という本を購入したことがあり
とても行列などについて分かりやすく書かれていて
私はスグに畑村洋太郎さんのファンになってしまいました。

よく、SMAPの追っかけとか
嵐の追っかけとか聞きますが

そういう意味で言うと
私は畑村洋太郎さんの追っかけかもしれません。

雑誌やネットで畑村洋太郎さんの記事を見かけると
つい読んでしまいます。

本屋でパラパラとめくってみると
「お~、これはいいかも」
と思いレジに直行。

ちなみにこんな本です。
 ↓  ↓  ↓
bibunn-1.jpg

表紙には、
「セブンイレブン、イイ気分」をもじって
「ビブン セキブン ヤな気分!」という
オヤジギャグまで入っています。

ちなみに、本の中は文字や数式の他に
図やグラフなどでとても分かりやすく書かれています。

ちなみにこんな感じです。
 ↓  ↓  ↓
bibunn-2.jpg

畑村洋太郎さんはこの本の中で
次のような意味のことを言っています。

==================
微分と積分が何かを理解するためには、
昔の人がどんな必要性があって
微分と積分を考え出したのか知る必要がある。
==================

ん~、まさに微分と積分の原点ですね。

私達は学校で微分と積分の公式から入りますが、
原点を理解しないで、公式だけを追いかけていると

実際の業務で解析をする時や
難しい微分積分の問題を解くときに
行き詰まってしまいます。

私が知る限り、
微分積分の本質まで踏み込んで
そこから図解入りで説明した図書は
これが一番だと思います。

ちなみに、こちらで購入者のレビューが読めます

⇒ 直観でわかる微分積分 岩波新書

ほとんどの購入者の方が
「5つ星」か「4つ星」を付けています。

私は今まで
微分積分に関して多少知識はありましたが
今回畑村さんの本を読んで
さらに、微分積分の本質の理解が深まったと感じました。

もし、微分積分が何なのか
今までまったく分からなかった人や

ある程度知っているけど、
もっと理解を深めたいと思う人は
参考にしてみてください。
 ↓  ↓  ↓
直観でわかる微分積分 岩波新書

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

三上系之

【 全ての記事の表示 】
もうちょっと、他の記事も見てみたいという方は、
こちらに紹介していますので、ゆっくりしていってください。
  ↓ ↓ ↓
全ての記事の表示



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taiyo01.blog45.fc2.com/tb.php/187-5c993d0b
厚生年金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。