技術士二次試験の論文記憶の方法 

こんにちは、三上系之です。

最近、みなさんから論文の記憶に関する
次のような相談をいただきます。

========================
50歳を超えると記憶力が衰えて論文が記憶できません。
覚えても次の論文を覚えているうちに忘れてしまいます。

また、普段パソコンばかり使っているので漢字も思い出せません。
専門用語や数値も出てきません。

そもそも、論文はどのような手順で覚えればいいのでしょうか?
========================

とか、
==========================
昨年は8つの論文を記憶して技術士二次試験に臨んだのですが、
試験問題の切り口が変わると何も書けなくなってしまいました。

試験会場でどうしたら自分が記憶した論文を
スムーズにアウトプットできるのでしょうか?
==========================

技術士二次試験の選択科目は筆記試験であるため
通常の択一式の勉強と違い文章を正確に覚えたり
漢字やカタカナの専門用語なども
正確に覚えないといけません。

しかし・・・

技術士二次試験の受験者は
結構、50代以上の方も多く
50歳を過ぎると記憶力も衰え
論文を覚えてもスグに忘れてしまいます。

毎年、50歳以上の方は
5000人ぐらい受験しています。

私はそんな方に少しでもお役に立てればと思いこの度
「50歳以上の初受験の方でも
技術士二次試験の論文が記憶できる!12のステップ」
というマニュアルを販売することにいたしました。

もちろん、50歳以下の方にも有効です。

50歳以下の方なら、まだ記憶力もいいので
今よりももっと短時間で論文が記憶できるようになります。

ちなみに、この教材は
技術士二次試験を初めて受験する方にも分かりやすいように
以下の 『 12ステップ 』 で 『 完全にメソッド化 』 しました。

1. 記憶の仕組みを理解する
 (感情と記憶の関係、膨大な情報を記憶するときのコツ、
最速の記憶法とは?いつから論文を記憶すればいいのか?)
   ↓
2.記憶力を高める3要素を理解する
 (言われてみると当たり前ですが、
これを意識するのと意識しないのでは記憶に雲泥の差が生じます。)
   ↓
3.記憶力が高まる部門・科目を受験する
 (間違っても、合格率で部門・科目を決定してはいけません。)
   ↓
4.5年分の過去問題から今年の出題を予測する
 (出題されない問題を記憶しても意味がありません。)
   ↓
5.記憶する論文の数と内容の目標を明確にする
 (目標を明確にすることでムダがなくなります。)
   ↓
6.出題予測に近い過去問題を解き論文を作成する
 (まず、自分で理解できる論文を書くことが記憶できる大前提です。
 人間は理解できないものは記憶できません。)
   ↓
7.キーワード・漢字・数値を覚える
 (カタカナキーワードの意味の覚え方、英文字のキーワードの覚え方、
 カタカナキーワードの覚え方、スグに思い出せる漢字の記憶法、数値の覚え方。)
   ↓
8.自分が作成した論文から骨子表を作成する
 (絞ることで記憶が可能となります。)
   ↓
9.今年の予測問題に合わせてテーマごとで骨子表を整理する
 (重要度に応じて骨子表を使い分けることで効率的に記憶できます。)
   ↓
10.骨子表を画像でイメージし音読して説明する
 (画像+物語+感情で最強の記憶となります。)
   ↓
11.録音したり書いたりして繰り返し覚える
 (電車通勤の方のためにスマホの録音と画像で効率的な記憶法をご紹介。)
 (さらに、相手がいる方には短時間でかつ最強の記憶法を伝授。)
   ↓
12.本番の試験での記憶の引き出し方法を理解する
 (人間の脳は連想ゲームが得意です。
もとになる引き金さえあれば自由に記憶を引き出せます。)

以上が短時間で効率的に記憶する
12のステップになります。

また、建設部門以外の方でも対応できるように

機械部門、船舶・海洋部門、航空・宇宙部門、電気電子部門、化学部門、
繊維部門、金属部門、資源工学部門、建設部門、上下水道部門、
衛生工学部門、農業部門、森林部門、水産部門、経営工学部門、
情報工学部門、応用理学部門、生物工学部門、環境部門、原子力・放射線部門
の全部門に対応できるように作成しました。

また、総合技術監理部門の問題は掲載していませんが、
キーワードや論文の記憶法に関しては
参考になる部分もあると思いますので
論文の記憶で悩んでいる方は参考にして頂ければと思います。

そして、このマニュアルの販売前に
モニターとして参加して頂いた方からは
次のようなコメントを頂きました。

・自分は記憶力がないから記憶できないのではなく、具体的な記憶する方法を知らないから記憶できないということが良くわかりました。

・場面ごとに、その対処法(記憶する方法)が適切に記載されており、人間の脳構造においてどのようにしたら脳にインプットされて、アウトプットをより効果的に、効率よくできるかが理解できました。特に、感情的なことは記憶に残る。物語的に記憶する。インプットする量の加減など非常に重要なポイントだと感じました。

・キーワードの語句や数値等を覚えるのに事例が理解しやすく効果的でした。また、骨子表をどのような形にするかいつも悩みますが、具体的な作成例が記載してあり骨子表の形を作成する案が増えました。

では、論文がなかなか記憶できなくて
困っている方は参考にしてください。
↓ ↓ ↓
50歳以上の初受験者でも技術士二次試験の論文が記憶できる!12のステップ(全部門対応)

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

三上系之

応援してくれるとうれしいです
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

【 全ての記事の表示 】
もうちょっと、他の記事も見てみたいという方は、
こちらに紹介していますので、ゆっくりしていってください。
  ↓ ↓ ↓
全ての記事の表示

【 推奨サイト 】







技術士.com
時々更新-土木技術者の裏本
【特典付】長野県や松本市で頑張る人を応援するブログ

【 試験に合格できないと悩んでいませんか 】
あなたは、試験になかなか合格できないと悩んでいませんか?

私のところには、
なんども同じ試験に不合格になった方が集まり、
共に勉強の仕方から学んでいます。

もう不合格にはなりたくないという人は、
下記のメルマガに登録してみてください。

⇒ 三上式 不合格から学ぶ合格法

【 合格者が無意識でやっている30の秘密 】
あなたは、同じ試験に2回以上不合格になっていませんか?

もし、そうであれば、
合格者が無意識にやっている30の秘密をお伝えしまが・・・

⇒ 不合格から学ぶ合格法(全資格試験共通編)

クリックしてくれるとうれしいです
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

『 お気に入り 』に登録すると、
次回から簡単にアクセスできます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taiyo01.blog45.fc2.com/tb.php/242-a3b046f7
厚生年金